◆ 更新:令和2年3月31日 ◆ 友引 ◆ 教育基本法・学校教育法公布  ◆◆  ★
知的財産法の部屋

 

ラセビリアーナ
◆ ★ ★  ★   ★   ★  ☆ 
No.2870 著作権法
【問】 
正(○),誤(×)どちら?
  契約や就業規則にあらかじめ職務著作の対価に関する規定を定めておくことは,著作権法上の職務著作の成立要件である。
【解答】  
No.2871 条約
【問】 上級 
正(○),誤(×)どちら?
  実用新案権は特許権と異なり実体審査を経ずに登録されるから,実用新案法には,詐欺の行為により実用新案登録を受けた者を,懲役や罰金に処する旨の規定はない。
【解答】             
★ 過去のデータ        ◆ 知財問 :一括データ(2867問)

ZL リンク  知財関連情報サイト(R2/1/27確認)
ZB 基礎知識 文書  法格言  智慧  知財記憶  検定参考  雑学

知財用語 判決紹介
知って!
論文問題
司法弁理
弁理士試験
短答問題
起案アシスト
表現と判決
休みの時間
リフレッシュ

☆ 【鳥渡だけ】  R10901  商標法  京都芸術大学   
【「京都芸大」】  京都新聞
「京都芸大」2つに?造形芸大が名称変更「市立」は訴訟辞さず
「京都造形芸術大」(京都市左京区)が来年4月に「京都芸術大」に校名変更することが27日,分かった。2021年の開学30周年を前に,彫刻や絵画など造形芸術に限らず,舞台芸術や文芸など幅広い芸術の教育・研究に取り組むことをアピールする狙い。
※ 「京都市立芸術大」は訴訟も辞さず
商標出願あり 2件同じ内容で1日違い
「京都芸術大学」 標準文字,指定役務41類
出願番号:商願2019-97747(2019年7月17日出願),出願人:学校法人瓜生山(うりゅうやま)学園
出願番号:商願2019-97747(2019年7月18日出願),出願人:公立大学法人京都市立芸術大学
参考:青山学院事件 東京地裁平成13年7月19日判決
「呉青山学院中学校」は,東京の「青山学院中等部」と不正競争防止法2条1項2号(著名)に規定する不正競争行為に該当すると判断


今日は 31日  教育基本法・学校教育法公布の日  
  1947年(昭和22年)の今日,戦後の新学制の基本となる教育基本法・学校教育法が公布されたことに由来する。教育の機会均等,新憲法に基づく民主的な教育をうたい,六・三・三制導入などが盛り込まれており,小・中学校では翌日から実施された。なお,教育基本法の内容は2006年(平成18年)に全面的に改正されている。 
 今日は他に: 普通選挙法成立の日 エッフェル塔の日   
  戻る

一寸前野鳥渡





 

   by 杉山